テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso | 起こしを外注するには?

起こしを外注するには?

テープ起こし発注の打診は録音前に

ほとんどの企業は、音声を録音してから外注者を探します。「録音時間が確定していないと、見積りをするのに相手が不便だろう」という親切な気持ちからです。

しかし、起こす側からすれば、録音前に打診してほしいのです。

 

「このように録音してほしい」
「当日はこれを記録してほしい」
「当日はこの資料を持ち帰って、自分にも参考に見せてほしい」
など、要望したいことがいろいろあるからです。

 

それらの要望は、起こしの精度に直結することばかりです。この要望をないがしろにすると良好な起こしデータが作成できず、「聴取不能」部分ばかりの起こしになってしまう危険があります。もう録音してしまった!という場合は、業者に提供すべき資料をご覧ください。