テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso | 起こしを外注するには?

起こしを外注するには?

カセットは時代遅れ?

カセットテープ録音は激減し、ICレコーダーによる録音が増えています。しかし、カセットテープには特有のメリットもあるため、ICレコーダーとうまく併用することがおすすめです。

まずは、なぜカセットテープ離れが起きているのか、カセットテープのデメリットを先に見ておきましょう。

 

カセットテープのデメリット

 

  1. 1.カセットテープが反転する間は録音が途切れる
  2. 2.切れ・スレなどテープ特有のトラブルが発生し、録音が聞けなくなることがある
  3. 3.コピー(ダビング)に時間がかかる
  4. 4.音声の受け渡しに主に宅配便を利用するので、時間と費用がかかる

 

 カセットテープのメリット

 

  1. 1.たやすく消去できないので安心感がある

 

一つしか挙げられませんでしたが、大きなメリットです。ICレコーダーは、間違ったメニューボタンを押して音声が消えてしまうことがあります(「本当に消去しますか」というような確認メッセージが出るのがふつうですが、疲れているとうっかり「はい」を選択してしまうことがあります)。

カセットテープの場合は、ボタン操作で簡単に音声を消去ということができないため、このようなうっかりミスは起こりません。

 

全体としてはICレコーダーのほうが便利なので、ICレコーダー録音をメインに、念のためカセットテープにも録音しておくとよいでしょう。