テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso | 今日も音声起こし中

今日も音声起こし中

音声起こしは体が資本

こんにちは、大久保です。

私が今の仕事に就いておよそ1カ月がたったころ、10分ほどの会議音声を起こす機会がありました。

 

いつもは音声起こしを発注するのがメインの仕事。

けれどもついに、納品用の音声を自分で起こすことに。

 

 

◆大緊張の音声起こし、作業時間は18倍

依頼された会議音声は約10分。短い音声とはいえ、ただの練習ではなくクライアントに納品するものということで、非常~~~に!緊張していたのを覚えています。

 

――えーっと、まずは何から準備したらいいんだっけ??

音声、再生ソフト、文書作成ソフト、仕様書、資料、それからそれから……?

 

 

音声起こしに必要なソフトや手順は見聞きして知っていたつもりではありましたが、実際に作業をしようとすると全く段取りが身に付いていなくて、右往左往。

いささか見切り発車のような感じでしたが、納期も迫ってくるし、とにかく起こさなきゃという思いで作業をスタートしました。

 

結局、その日に起こせた音声は5分ほど。資料を見たり、ネット検索の時間を含めた作業時間は約90分、音声の18倍もかかってしまいました。

起こし作業を終えたあとは、集中力が切れて頭はもうろう、体はぐったり。

慣れないスポーツをしたあとのような感覚になりながら、勤務先をあとにしました。

 

 

 

◆起こしたあとの、体に異変?

音声5分を起こした翌日、なんと体が…動かないのです!

肩、腕、首はガチガチ、背中に鉄板入ってるのかしらと思うくらいでした。

 

確かに昨日はぐったりして帰ってきたけど、重たいものを持ち運んだわけでもないし、筋トレに励んだわけでもないし……もしかして、昨日の起こし作業で??

 

にわかに信じられないくらいに体は凝り固まっていましたが、他に心当たりもなく。

考えてみれば約90分の作業中は同じ体勢でいたのに加え、緊張と気張りすぎで全身に無駄な力が入っていたのだと思います。

 

まさかデスクワークでこんな肉体労働級のダメージを受けるとは……。

体が資本の音声起こし。スポーツと同じように全身の柔軟と日々のトレーニングが必要なのだなあと思いました。

 

それ以降は、体の力を意識的に抜くようにして、時々ストレッチをしながら起こし作業に臨むようにしています。

(最近は音声起こしをした翌日でも、全身が凝り固まって動かないということはなくなってきました)

 

音声起こしの準備物はいろいろありますが、体の調子を整えたり、息抜きの方法も何か備えておくといいのかな、と思いました。

 

 

 

◆息抜きに、こんな映画はいかがでしょうか

 

映画『タイピスト!』

https://www.youtube.com/watch?v=dknfsRq48Bo

舞台は1950年代のフランス。女性にとって大人気の職業は秘書で、さらにタイプライター早打ち大会に勝つことが最高のステータス。そんな中、ヒロインは保険会社の秘書に採用されるも、タイピングは両手の1本指。だけど、超高速!

その才能に目を付けた上司と二人で協力し、タイプ早打ち世界一を目指します。

タイピングのリズミカルな音が、一層わくわくさせてくれる映画です。

 

 

a0001_009292.jpg

 

 

――日本にも、こんな文化がやって来るかも?

タイプ早打ち大会ではありませんが、実力だめしとスキルアップにこちらをご紹介。

 

----------

★第3回『音声起こし技能テスト』 https://mojiokoshi.org/

開催日:2016年11月11日(金)

お申込み https://main-26254d4c21b152cc.ssl-lolipop.jp/onseiokoshi/?page_id=446

----------

受付期間は2016年9月1日~2016年10月17日です。ぜひご参加ください!

 

 

(大久保)