テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso | 今日も音声起こし中

今日も音声起こし中

2011年2月アーカイブ

前回は、男性が隠し録りするには?というテーマで考えました。男性はそれなりにどうにかなりそうですが、女性は問題です。女性用のジャケットには通常、ICレコーダーを忍ばせるようなポケットがありません。

 

音声をこっそり録音することは、ビジネスの場でも実はあります。企業同士でトラブルが起きた際の、話し合いの音声を何度か起こしたことがあります。話し合いに臨んだ社員がジャケットのポケットに録音機を入れていたらしき、衣擦れ音の混じる音でした。

相手方の社員も実は録音機を忍ばせていて、別のテープ起こし会社に発注しているかもしれません。この音声では、双方の社員は男性でしたが、女性がこういう場に臨むことがないとは言えません。

 

ジャケットが駄目なら…。女性の洋服では、中高生の制服のプリーツスカートが最強ではないでしょうか。
あれには、結構大きくて深さもあるポケットが付いています。生地が厚くしっかりしているので、外からは物が入っているかどうかは分かりません。また、プリーツスカートの場合、そもそもポケットがあるのかないのか、どのヒダの間にあるのか自体が、ほとんど分かりません。
ポケットに入れれば身動きのたびに衣擦れ音が録音されてしまいますが、それはジャケットのポケットでも同じことです。

 

しかし、スカートのポケットに入れる場合、レコーダーの位置が机より下になります。自分の声はともかく、向かい合う相手の声はどの程度拾えるのでしょうか。

 

  〈1〉  〈2〉  次ページへ