テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso | 今日も音声起こし中

今日も音声起こし中

Voice WritingやOkoshiyasu2のキー設定

このところ、Voice WritingやOkoshiyasu2のホットキーの設定について質問されることが多い。

ところが私は、DSS Playerのフットスイッチを使っているので、最近あまりホットキーを使っていない。質問へのお返事には下のような内容を書いているのだけど、もっとおすすめのキー設定があったらぜひ教えてくださいね。デスクトップPCだとFキーは遠く感じるけど、ノートPCだとFキーも案外近いから、Fキーを割り当てている人もいるのかな。

 

Voice Writingの初期設定では、下記が割り当てられています。特に支障がなければこれでいいのではと思います。
再生・停止 CapsLock
早送り Ctrl+→
早戻し Ctrl+←

 

ただ、お使いのパソコンで(というよりIMEなど日本語入力ソフトで)、CapsLockを押すと入力が英数モードになる設定になっている場合、CapsLockは使えません。
その場合は、再生・停止 Ctrl+↓ などがいいかと思います。

 

Okoshiyasu2では、上記のほかに次のような組み合わせも使えます。
再生・停止Ctrl+:
早送り Ctrl+]
巻き戻し Ctrl+;

 

Voice Writing・Okoshiyasu2とも、キー設定画面では、必ず「設定」をクリックしてから「保存」「をクリックしてください。

 

その後ツイッターで質問してみたら、Okoshiyasu2のいろいろなキー設定が寄せられました。その特徴は「私は再生・停止にこれを使っています」というもので、巻き戻しや早送りのキー設定情報が特にない(笑)。私も、再生・停止にCapsLockを割り当てて、それ以外の操作はマウスを使っています。停止したとき自動で数秒巻き戻るように設定しておけば、大きく巻き戻す必要はさほどないので。

 

テープ起こしを仕事にしている人はATOKユーザーが多いため、下記にはMS-IMEユーザーには使えないキーが混じっています。

【ツイッターで寄せられたOkoshiyasu2の再生・停止キーの設定例】

・F12

・Ctrl+D

・無変換キー

など