テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso | 今日も音声起こし中

今日も音声起こし中

2010年1月アーカイブ

妄想爆発!音活エキスパートとは

 

前川:株主総会を録音して起こせって。
鈴木:株主総会の議事録って、決まった文言を書けばいいんじゃなかったですか?
前川:今年は荒れそうでしょ。決まり切った議事録とは別に、株主の発言とうちの役員の発言をきちんと文字起こしして、今後に生かしたいらしくて。外注するから、テープ起こし業者を選んでおいてくれる?


田中:私、音活エキスパートの資格持ってますけど。
鈴木:田中さん持ってるんですか? 何級ですか?
田中:文字起こし2級、文書編集3級なんだけど、録音がまだ5級なのよ。
鈴木:5級って、「話者1名のイベントを録音できる」ですよね。それだと株主総会はキビしいですよねえ。経理の佐久間さんが2級を持ってるそうですよ。前の会社で使ってたんですって。


前川:音活エキスパートって?
田中:正式名称は「音声活用エキスパート」です。音声を文字起こしすることによって仕事などに活用する技能っていう資格です。2級以上は動画活用も出てくるんですけど、身振りなどの情報よりしゃべった声の活用中心なので、「音声活用」という言葉で代表されてるそうです。
鈴木:音活エキスパートは、録音・文字起こし・文書編集の3部門に分かれてます。私、仕事に役立ちそうだと思って、文書編集から勉強し始めたんです。来週の日曜、初めての試験なんです。


前川:テープ起こしって業者に外注するのが当然と思ってたけど、結構社内に人材がいるのね。

 

…もちろん外注してもらえれば、テープ起こし業者としての私は喜びますが。こんな感じで、いろいろな職場で音活エキスパート(←架空の資格です)が活躍していたら、便利なんじゃないかと思うのです。

Okoshiyasu2で音声の再生・停止にCapsLockキーを割り当てていると、CapsLockを押すたびに入力が英数モードになってしまうという件について、「音声ファイル講座」を主宰されている土屋恵美子さんが教えてくださいました。

 

「Okosiyashu2」のCaps Lockキーの件ですが、ATOKまたはMS-IMEのショートカットキーで、英数の設定を解除していないからです。

  

なるほど。Caps Lockは本来、英字の大文字・小文字を切り替えるキーですが、そのキーで英数入力モードに切り替える設定になっていると、英数入力モードに切り替わってしまうということですね。

 

たしかに自分のATOKでキー設定を見ると、英数キー(Caps Lockキー)には操作が何も割り当てられていない。だからOkoshiyasu2用のキーとして使えるのか…。

atok-capslock2.png
(この画面の呼び出し方:ATOKで[プロパティ]→[キー・ローマ字・色]タブ→[キーカスタマイズ]をクリック)

 

  

IMEで入力しながらOkoshiyasu2でCaps Lockキーを押してみると…あ、ホントですね。音声の「再生・停止」も行われますが、入力ソフト(Wordなど)も英数入力モードになってしまいます。IMEの設定を見てみると、英数キーでかなと英数入力が切り替わる設定になっています。

ime-capslock2.png

(この画面の呼び出し方:IMEで[ツール]→[プロパティ]→[全般]タブ→[編集操作]の[キー設定]の右側の「変更」をクリックし、新しく出てくるウィンドウで[キー設定]タブ)

 


ということは、ええと…。こうなるんでしょうか。
1)英数モードへの切り替えをCaps Lockキーで行っている(今後も行いたい)人は、Okoshiyasu2の再生・停止にCaps Lock以外のキーを割り当てるべき。
2)英数モードへの切り替えをCaps Lockキーで行わない人は、MS-IMEまたはATOKの設定を変更すれば、Okoshiyasu2の再生・停止をCaps Lockキーで行える。

 

というわけで、Windowsのバージョンとは関係なかったようです。それにしても、なんで今年に限って多くの人から同じ質問を受けたんだろう…。

 

補足。私のパソコンは「Shift+Caps Lock」でCapsLockがONになり、Caps Lockだけを押しても何も起こらないのだそうです。これは、オフィスに来て私のパソコンを使ったことがあるSさんからの情報。
Sさんの自宅のパソコンでは、「Shift+CapsLock」でCapsLockがONになり、単独のCapsLockを押すと、「英数」がONになるそうです。

テープ起こしに便利な音声ソフトとしてOkoshiyasu2(作者:Mojo氏)があります。テープ起こし用音声ソフトとして欲しい機能はほとんどあって、しかもフリーソフト、つまりタダ。
今日はOkoshiyasu2で、1ギガバイトもある巨大な音声ファイルを再生しています。「重くて開けない!」というメッセージが出るかと思いきや、問題なくさくさくと動いています。

 

さて、その優れもののOkoshiyasu2にこのところ妙な問題が発生しているようです。
Okoshiyasu2で音声を聞きながら、Wordで入力。そのとき、音声の再生・停止にCapsLockキーを割り当てていると、CapsLockを押すたびにWordの入力が英数モードになってしまうという話が…。
Okoshiyasu2が公式に対応しているのはWindows XPまでで、Vistaや7では、XPでできたことの一部ができない場合があります。例えば、再生・停止にCapsLockキーを割り当てられないことがあるのですが。

 

それはもともとですが、今回のトラブルは、なぜかXPユーザーに発生しています。ここ2カ月ぐらいで何件も同じ質問を受けました。それで検証のため今日はOkoshiyasu2を使っているのですが、私のXPではCapsLockで再生・停止しても、Wordは日本語入力モードのまま維持されています。私がIMEではなくATOKを使っているからなのかな?
もうちょっと調べてみよう。この件について何かご存じの方、ぜひ教えてください。

 

とりあえず音声の再生・停止にCapsLockキー以外を割り当てれば済むことなので、Okoshiyasu2っていいソフトだなあという私の感じ方に変更はありません、念のため。

 

2010年1月28日追記:

皆さまに情報をお寄せいただき、この問題の謎が解けました。謎解き編として「Okoshiyasu2のせいでもWindowsのせいでもなく...」をアップしました。

「ジャパン・ビジネス・ニュース(JNEWS)」にokosoが紹介されました。
JNEWSは、企業経営・独立起業・ネットビジネスについての専門情報を「JNEWS LETTER」というメルマガで提供しています。

私は登録型で入力・テープ起こしの仕事をスタートし、2年目に独立自営系に移行しました。その時期、『月刊在宅入力者』というミニコミ誌を出すにあたってコーチングを受けたのですが、「入力系以外の独立系・自営系の仕事についても知りたい」と言ったら、コーチがJNEWSを勧めてくれたのです。以来10年の読者です。

テープ起こし・音声起こしのポータルサイト「okoso」オープンしました!

「文字に書き起こすことで、音声をより効率的にビジネスの現場に活かすことができ、情報の価値が高められる」ことに注目し、そのノウハウを探求していきます。

どうぞよろしくお願いいたします!

 

プレスリリース資料:okoso20100112.pdf

普通の起こし方でテープ起こしした音声1時間あたりの文字数は、1万6000字~2万字ぐらいが平均と言われている。私自身のしゃべり方は結構早口なので、たぶん1万9000字ぐらいではないかと思う。

 

過去に起こした中では、1時間あたり1万3000字という文字数の少ない仕事があった。高齢の方で、口調が非常にゆっくりで、ときどき考え込むような間が空く。ご高齢なわりに滑舌がよくて聞き取りやすく、しかもしゃべりはゆっくりだから、起こしやすい仕事だった。

 

それでも、講演だと聴衆が目の前にいるから本当に極端な早口にはならない。インタビューは、本当にわかっているかな?と話し手が多少聞き手に配慮する。一番速い(ことがある)のは、知り合い同士の対談。話に遠慮がないから、速い速い。相手の話にかぶりながらお互いどんどんしゃべって、音声1時間が軽く2万4000字を超すことがある。

この前行った会場では、ICレコーダーを直接ミキサーにつながせてもらえたので(ライン録りと言う)、音質もよくて助かったけど。

明日はテーブルの真ん中に、普通にICレコーダーを置くことになる。きれいに録れるかな、ちょっと緊張。

話者が多いから、ちゃんと発言者メモを作成しなきゃ。

最近のICレコーダーは性能がいい。しかしその分、音声ファイルのサイズが大きくなる。2時間程度の音声でも100MBを超えてしまうことがある。

大きいファイルを無料で受け渡しできるWeb上のサービスは、いつも混んでいる。かなりの時間がかかったあげく途中でエラーになり、結局アップロードできなかったりする。

自社サーバー内にサブFTPアカウントを設定して、そのサブディレクトリ内で受け渡すほうが賢い。

 

サーバーへファイルをアップロードしたり、サーバーからファイルをダウンロードしたりするときは、FFFTPというフリーソフトが使いやすい(Windowsの場合)。

 

どのぐらい使いやすいかというと、メールで設定内容と使い方をざっと説明するだけで、みんなすぐ使えてしまうのだ。「うまくログインできないんですけど、私の設定が間違ってるんでしょうか」なんて問い合わせは、顧客からも作業メンバーからも受けたことがない。 「サブFTPアカウントとは」とか「FTPダウンロードとは」なんていう理屈を知らない人でも、使えてしまう。

(サブFTPアカウントを設定する担当者だけは、ちゃんとサーバーについて理解してないと無理です、もちろん)

1223.jpg 

自社サーバー内「メンバー連絡用」サブディレクトリの中に「zadankai」フォルダを作って、座談会の一式ファイルをアップロードしたところ(画面右側がサーバー上、左側は自分のPCの「マイドキュメント」の中)。

 

→FFFTP(作者 曽田純氏)

 先日、ちょっと用があって原田さんとPCを取り替えて作業していた。原田PCでクライアントへのメールを、型どおり「株式会社×× ○○様」と入力し、次に何気なく「いつもf」と入力してスペースキーで…。
 えっ、当たり前のように「いつもお世話になっております。」と変換された?

 

「ああ、廿さんの“基本200語”は、私のPCにも全部単語登録してあります」と原田さん。

 

 基本200語というのは、私が「オンライン講座テープ起こし初級」の教材として作成した、単語登録集。音声で(ということはしゃべり言葉で)よく使われる言葉と、メールでよく使う言葉をピックアップしてある。
 いい位置にあるのにローマ字入力ではほとんど使わない「f」を、短縮の合図のように使っている。「ごけんとうf→ご検討のほどよろしくお願いいたします。」とか。