テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso | ICレコーダーを骨までしゃぶる

第23回 審議会等の録音・議事録作成裏話(4)<フィードバック・単語ファイル編>

受注する審議会等の話題に常にアンテナを張る
廿は、資料を読んだりフィードバックされた議事録を見たりするだけではなく、新聞に掲載されているその業界の話題やテレビで放映されるニュースを普段からチェックし、用語を頭に入れておくという努力をしています。これによって、テープ起こしをするときに内容を素早く把握し、さらに単語を特定しやすくなります。

テープ起こしはあらゆる業界の話題が出てくる音声を起こすため、審議会等でなくても普段からどんなニュースにも敏感になっておくことが重要です。審議会等では用語が難しいために、音声の内容をつかむことが特に難しいので、こういった努力が正確でスピーディーなテープ起こしに役立つのです。

審議会等のテープ起こしにおいて、廿がテープ起こしを受注している企業と、廿がしている工夫は次のようにまとめられます。

 

クライアント側の工夫
・よりクリアに録音できる場所に座る
・よりクリアに録音できる録音機材と周辺機器を追求する
・話者特定を容易にするために発言メモを取る
・専門用語・業界用語の特定を容易にするために資料を送る
・完成させた議事録を廿にフィードバックする

 

廿がしている工夫
・フィードバックされた議事録をチェックする
・フィードバックされた議事録を作業するメンバーに送る
・単語登録用辞書を作り、作業メンバーと共有する
・普段からその業界に関する用語にアンテナを張っておく

 

 

このように、発注する企業と廿の二人三脚により、専門用語・業界用語が多く、話者が多く、録音環境が良くないという難易度の高い審議会等のテープ起こしでも、正確で早い納品が可能となっているのです。

 

 <1> <2>

 

第20回 審議会等の録音・議事録作成裏話(1) 

第21回 審議会等の録音・議事録作成裏話(2)<録音・機器編> 

第22回 審議会等の録音・議事録作成裏話(3)<発言メモ・資料編>

 

 

文●原田文恵