テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso | ICレコーダーを骨までしゃぶる

ICレコーダーを骨までしゃぶる

第36回 音楽シーンで使われるICレコーダー ローランド R-1(2)

r1-4.jpg第35回では、「民謡フォーク」の演奏をしている大崎さんがローランドR-1を購入したきっかけや使用感についてお話を伺いました。第36回では引き続き、音楽を録音するときのエフェクト(※1)や録音後の音声の加工についてうかがいます。

***

―― 練習のときとライブの本番で、録音の仕方は違いますか?
長時間録音するとデータがかなり重くなるので、練習では録音モードをMP3の320kbpsにしています。本番では音質重視で、WAVE(リニアPCM方式)で録音します。

―― 録音するときにどんな機能を使いますか?
リミッターという、大きすぎる音をほかの音の大きさに近く、平坦にしてくれる機能があるのですが、これをドラムやベースなど音の大きな楽器の演奏が入るときに使っています。マスタリング(※2)というエフェクトもボーカルや音の粒立ちが良くなるので愛用しています。どちらのエフェクトも、お客さんがライブで聞く生の音に近い、自然な聞こえ方に近づけることができるんです。
エフェクトをかけながら録音することも、録音後にエフェクトをかけながら再生することもできます。私はほとんどの場合、録音後にデータをパソコンに取り込んでから、ソフトでもエフェクトをかけて加工していますね。

※1 エフェクト...録音現場での聞こえ方と同じように、自然な聞こえ方に調整する効果。マイクを通すことで平坦になった音を聞き取りやすくしたり、迫力のある音を原音に近い状態で再現することができる。

※2 マスタリング...ぼやけた音を明瞭にしたり、音の大きさをそろえたりするエフェクトの一つ。

<1> <2> 
「第35回 音楽シーンで使われるICレコーダー ローランド R-1(1)」

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://okoso.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/142

コメントする