テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso | ICレコーダーを骨までしゃぶる

ICレコーダーを骨までしゃぶる

【ICレコーダー原論】3.録音機器の未来は

◆Voice-Trekは3モデルで展開
喜田:ICレコーダー「Voice-Trek」シリーズは、3モデルで展開しています。DS/DMシリーズは、最強のフラグシップモデル。Vシリーズは、ケーブルなしで本体から直接USB接続できるなど、手軽に使えるタイプ。その下に安価でシンプルなエントリーモデルとして、VNシリーズがあります。

 

014.jpg原田:V-72のレッドはきれいな色ですね。

 

喜田:女性のユーザーさんも多いので、暖色系の色も出してみたのです。

 

菊池:首相のぶら下がり取材などをテレビで見ていると、このレッドは「おっ、うちのだ」とすぐ気づきますよ。

 

目立ちたければこれ、Voice-Trek V-72のレッド。7月28日のamazon価格では、同じV-72なのにホワイトが8,900円、バイオレットが10,580円、このレッドが11,622円と最も高い。

 

◆目立つ・目立たない、どちらがいい?
廿:今まで、ICレコーダーは目立たないほうがいいと思って、シルバーや黒を買っていたんです。でもICレコーダーが目立たないと、話す人は録音されていることをつい忘れてしまって、座談会などで2人3人が一度にしゃべり出してしまうことがあるんです。声が重なるとテープ起こしに苦労するので、できるだけ目立つ色を買ったほうがいいかなと、最近思うようになってきました。

 

喜田:目立たないICレコーダーがいいという要望は、たしかに多いですね。録音中に点灯する赤いLEDランプが気になるという声も多いので、最近は録音中でもLEDがつかないよう設定できるようにしています。
 

◆ICレコーダーは分化していく
喜田:その他のラインアップとしては、まず音楽録音がメインのリニアPCMレコーダーがあります。昔、ソニーさんが「デンスケ」という機種を出して生録(ナマロク)ブームが起きましたが、リニアPCMレコーダーはそれに置き換わるようなポジションといえます。
それから、ラジオの受信と録音もできるラジオサーバーポケットがあります。

 

廿:ラジオ機能が搭載されている機種って、需要は伸びているんでしょうか。

 

喜田:ラジオは、聞く人と全く聞かない人の両極端に分かれる傾向があるので、聞かない方からは「なんでこれが売れるの?」と不思議がられますね。聞く人の中でも聞き方に違いがあって、仕事中や運転中などの「ながら聞き」と、語学番組など録音してでも聞きたいという用途があります。テレビはビデオ録画という方法がありますが、ラジオにはそれに該当するものがなかったので、録音できる機種は順調に売上げを伸ばしています。

 

  〈1〉  〈2〉  〈3〉  次ページへ

 

連載第1回へ

連載第2回へ

 

関連記事

→ラジオサーバーポケットPJ-10

→Voice Trek V-82、ラジオサーバーポケット PJ-10、リニアPCMレコーダー LS-11を実際に使ってみた