テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso | ICレコーダーを骨までしゃぶる

ICレコーダーを骨までしゃぶる

第2回 リニアPCM方式で高音質録音をする

●ICレコーダーは用途に応じて買い分けが必要?
~音楽編~

 

ICレコーダーで音質にこだわる
バンドの演奏を録音してCDにしたい。ピアノレッスンを録音して練習に役立てたい。野鳥の鳴き声をコレクションしたい……。ICレコーダーはこんなときにも活躍しています。
記録すること、文字にすることではなく、音そのものを楽しみたい場合は、どれだけ音を忠実に再現できるかが重要です。

 

音楽CDに採用されているリニアPCM方式
リニアPCM
(Linear Pulse Code Modulation)とは、iPodなどで採用されているMP3(MPEG Audio Layer-3)や、Windowsの標準方式WMA(Windows Media Audio)のように、アナログの音声をデジタルデータに変換する記録方式の一つです。

ほかの方式のように音声データを圧縮をしないために高音質での録音が可能で、音楽CDにも使用されています

 

高音質を保ちながら手軽に録音・再生
リニアPCM方式録音ができるICレコーダーでは、これまで外付けマイクが主流でしたが、最近では高音質の内蔵マイクを搭載する機種が登場しています。

外付けマイクを準備する時間がかからないので、「今すぐ録音したい」という瞬間を逃すことなく、気軽に高音質で録音することができるようになりました。
録音した音声データをCDなどのメディアに移さなくても、付属のスピーカーを使ってICレコーダーに記録したまま高音質で再生できる機種もあります。

 

会議の録音でもリニアPCMがおすすめ?
リニアPCM方式は高音質での録音が可能ですが、圧縮しないためにファイルサイズが非常に大きくなり、音声の長さによっては1GBを超えることもあります。

CDやDVDに記録する場合は問題ありませんが、メールやインターネットを経由したファイルのやりとりには向きませんし、複数の会議を保存しておくには大容量のディスクやメディアが必要になります。圧縮した音声でも、人の話し声を録音するには十分な音質で録音ができます。

会議や取材などで使用する場合は、ファイルサイズの小さいMP3やWMAなどの方式で録音するICレコーダーが向いています。

 

ビジネスでも音楽でもマルチに活躍するICレコーダー
リニアPCM方式とMP3方式の切り替えが可能なレコーダーも続々登場しています。

第1回でご紹介した指向性・全方向性の切り替えができるマイクも搭載している機種なら、会議でも音楽でもマルチに活躍。1台あればビジネスシーン用、音楽シーン用と買い分ける必要はありません。

 

文●原田文恵(はらだあやめ)