テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso | 上手な録音起こし方の基本

上手な録音起こし方の基本

音声教材の最近のブログ記事

今年の1月に掲載したこちらの記事http://okoso.biz/basic/2010/01/post-3.html
ですが、
よく見ると一番下に
「起こし例の発表は、目標スケジュール2月上旬」
との文言が。

今は…7月です。半年も経っています。廿に解答例を作る時間がなかなかできないため、原田が起こし例を作りました。

 

 起こし方のパターン

 
1)できるだけしゃべりに忠実に再現する
2)「えっと」「あのー」などの無意味語(←ケバという)を削除して起こす
3)整理して要約する

それぞれの仕様をクリックすると、起こし例のぺージが開きます。

 

1)は原田が「この」というケバ(=無意味語)をたびたび発言しており、文章にすると読みにくいのですが、ツアーガイドなどしゃべりを職業とする人が言いよどみや言葉使いをチェックするときなどに使われます。

 

2)はケバをすべて取りました。1)の起こし方では840文字、2)では720文字で、ケバを取ると85.7%の文字量になっています。「~って」などの話し言葉や「思ってる」などのい抜き言葉はそのままです。ケバは不要でも話者の口調や雰囲気をそのまま残すインタビューなどで使われます。話し言葉やい抜き・ら抜き言葉などを整えると、もっと読みやすい文章になります。

 

3)では、重複している内容を削除し、ポイントごとに整理しています。すると原田がどんな手帳を使っているか、手帳を選ぶポイントが何かが一目で分かります。箇条書きにしてさらに見やすく整理する方法もあります。

 

3)のように要約をする起こし方をすると、3分の音声の内容を10秒で見返すことができます。ビジネスシーンで、会議の内容などを簡潔にまとめて保存しておきたい場合には3)の起こし方が効率的です。


それにしても、自分の発言のケバの多さにがっかりです。ICレコーダーで録音される側にはまだまだ慣れません…。

 

文●原田文恵(はらだあやめ)

実際に音声を起こしてみよう。

第1回の起こし練習サンプルはインタビュー(3分)。音声を起こすソフトについては、第1回ハードとソフトの準備参照。

 

音声はこちら→ DM200015.mp3(右クリックして「対象をファイルに保存」)

音声情報

 音声長さ:約3分、 話者数:2名、 録音状態:良好

 

自分の仕事で使いそうなパターンでチャレンジしてほしい。

起こし方のパターン

 1)できるだけしゃべりに忠実に再現する。

 2)「えっと」「あのー」などの無意味語(←ケバという)を削除して起こす。

 3)整理して要約する。

 

起こし例の発表は、目標スケジュール2月上旬。