テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso | 上手な録音起こし方の基本

上手な録音起こし方の基本

録音と起こし方の最近のブログ記事

ライターが、文字起こしというものにフラストレーションをためていることは間違いない。

1時間のインタビューを全部文字化すると1万8000字程度になるが、ライター自身が与えられた文字数は1500字程度だったりする。

発言をそのままの形で1500字切り取るわけではない。話し言葉というのは不完全であるため、言葉を言い換えたり補ったりして、読みやすいよう理解しやすいよう、全面的に執筆し直す。

文字起こし原稿は、単にその参考にするだけだ。それなのに、自分で起こせば手間がかかるし、外注すれば日数とお金がかかる

 

今回は、文字起こしにフラストレーションを抱えているライターに対策を提案したい。

 

提案1:自分で文字起こしする

原稿料が極度に安いと、やらざるを得ない。しかし、ライターは文字起こしに不慣れだから、時間がかかる。専用の再生ソフトやフットスイッチといった便利グッズを使っていないし、徹底した単語登録でタイピングを省力化するという技術がない。おかげで肩も凝る。

自分で文字起こしするなら、ぜひ文字起こし(テープ起こし、音声起こしなどともいう)の基礎を学んでおくことをお勧めしたい。

 

提案2:記憶で書く

これはやっているライターが多い。取材中に取ったメモも参考にして、インタビュー後すぐに、自分の記憶が鮮明なうちに、記事を書いてしまえばいい。

しかし、それができない場合もある。

例えば、ある特集のために連続何人もインタビューをして、その日はそれで終わってしまうことがある。翌日になって書こうとすると、記憶が不鮮明になっている。A氏が言ったのかB氏が言ったのか、具体的にどんな言い回しだったか、確定できなくなっている。

 

提案3:自動音声認識を使う

音声から自動で文字化する技術もある。

いわゆる音声認識ソフトは、録音された音声から認識するモードを持っている。ドラゴンスピーチにもAmiVoiceにもそれはある。

手軽なところでは、スマホの音声入力を使うという手もある。Androidの場合で手順を説明しよう。

 

録音したインタビューの音声ファイルをパソコンに取り込んで、スピーカーから音を出せるようにしておく。そして…。

1)スマホで、文字が入力できるアプリを起動。LINEでも何でもいいが、ここでは「ノート」を起動。

2)新しいノートを開いて、マイクのマークをタップする。

3)音声入力モードになったら、スピーカーの前にスマホをかざして、インタビュー音声を聞かせる。

 

これで、どんどん文字が表示されていくはずだ。例えばこんなふうに。

 

Screenshot_2017-03-23-17-22-09.png

 

 

Google音声認識の場合、句読点は挿入されない。

話の内容はなんとなく分かる。しかし、「敷金送りした質問状にソフト」は変だ(本当は「事前にお送りした質問表に沿って」と言っている)。誤認識だ。「お伺い」の「お」も落ちている。

ここはインタビュー冒頭だから多少の誤認識は問題ないが、話が佳境に入ったときこの認識率だと理解しにくくなる

 

しかも。

インタビューがここまで認識されることは、実はわりと少ない。なぜなら…。

続きは次回

 

(廿 里美)

 

 

ライターのための音声認識入門(2)へ

ライターのための音声認識入門(3)へ

ヘッドホンの右と左から別々の声が聞こえる音声って、ご経験おありでしょうか。

私は何度か遭遇したことがあります。同時通訳ありのイベントの録音で、片耳から英語、片耳から同時通訳さんの日本語が聞こえるというものです。

 

会場ではたぶん「チャンネル1が日本語、チャンネル2が英語」などに設定されていて、来場者はレシーバーでチャンネル設定して、どちらかを聞けるようになっているのでしょうね。普通は、文字起こしを発注する段階では分離されて、チャンネル1の音声ファイルが当社に届くというふうになっているのだと思います。

 

左耳から英語が流れてくる状況で右からの日本語を聞き取るというのは…音声1~2分ぶんぐらいならできなくはありませんが、それ以上は集中力が続きません。

最近、久々にこういう音声を受注したので、対処法をメモします。

 

1)日本語のみの録音がないか、発注者に問い合わせる。

→「あっ、送るファイルを間違えました。これが日本語版です」と届くことが多い。しかし今回は、無いとのこと。

 

2)ヘッドホンを根元まで挿さず、少し浮かせた状態で挿して聞く。

→しかし、今回の音声は、英語のみが聞こえて日本語が消えた状態に。

 

3)右耳だけで聞く。

→私はイヤホンタイプを使っているので、左のイヤホンを耳からはずすだけでいいけど…。大きいヘッドホンを使っている人だと、これはできない。

 

P1010810-3.jpg

 

 

4)音声編集ソフトで加工する。

→DigiOnSound6 Express(略してデジオン)

音声をデジオンで開く→[スペシャル]→[ステレオからモノラル]→Lを0%、Rを100%にして、[OK]。

 

これで日本語だけの音声になりました。こんな音声はめったにないと思いますが、もし遭遇したら試してみてくださいね。

 

 

(…ところが。この便利なデジオンが販売終了になってしまったのです。

私がデジオンを知ったのはもう10年以上前、同業者の交流会で教えてもらったのがきっかけでした。以来、音声ファイルの分割や、音が小さすぎるファイルの加工などに使ってきました。テープ起こし講座などでも紹介していたのですが、最近、受講者の方がデジオンが販売終了になっていると教えてくださいました。


デジオンのみに頼ってきたので、それ以外を知りません。私は当分、今のデジオンを使う予定ですが、講座などで質問が出たらどうしよう…。操作が簡単で、無料または安価な音声編集ソフト、ご存じの方ぜひ教えてくださいね)

(一度消えたソフトが違う会社から発売されることもありますから、それも期待したいと思います)

遅ればせながらあけましておめでとうございます。本年もokosoをよろしくお願いいたします。

 

昨年は、愛用してきたレコーダーオリンパスDS-750が使えなくなるという悲しい年でした。

DS-750本体よりも、750のケースが使えなくなったのがこたえました。750のケースは、録音時にはスタンドを立てると相手の口元を絶好の角度で狙うことができるという、すぐれものだったのです。しかも、ケースの裏側にはレコーダーを三脚にセットするためのネジ穴も付いているなど、何かと便利でした。

 

2015-01-07 15.13.37.jpg

 

 

 

DS-750の後釜として購入したDS-901は750より幅が13ミリほど広いので、750のケースは使えないと諦めていたのですが。

 

 

今日あらためてよく見たら、ケースのサイドはゴムだったのです!

901を強引に突っ込んでみました。なんとか入ります。深く入れると録音ボタンを操作できなくなるため下側も余ってしまい、あまりクールではありませんが。

 

 

2015-01-07 15.16.02.jpg

 

 

「ガリガリガリガリ…」という雑音が続く音声を起こしたことがあります。会議の音声で、録音担当者は自分の席にICレコーダーを置き、すぐ横でノートに議事をメモしていたわけです。「ガリガリガリガリ…」はボールペンで文字を書く音でした。

会議の現場では全く気にならない音ですが、ICレコーダーは近い音を大きく拾うので、人の声よりガリガリのほうが大きく録音されてしまうのです。

 

こんな録音を防ぐために、私は多少不細工であってもDS-901もスタンド付きケースに入れて録音しようと思っています。

 

ICレコーダーなどで録音するとき、自分の声だけ大きく録音されていて、
肝心のほかの人の話がよく聞きとれなかったということはありませんか。
本来、ICレコーダーなどの録音機材は、話す人から1メートル以内のところに

 設置するのがベストですが、

 

「広い部屋で大人数だから全員に近いところへは置けない」
「インタビューで相手の前にズイッとICレコーダーを差し出しにくい」

 

と、セッティングする場所は悩みどころです。

そこで、今回からいろいろな録音シーンを想定した録音機材のベストorベターなセッティング方法について連載します。

 

◆ICレコーダー本体の設定については「ICレコーダーを骨までしゃぶる」を参照してください

   

録音システムがある会議場なら、マイクを回してもらってライン入力で録音したり、

スピーカーから出る音を録音したりできます。

でも、通常それほどのシステムがあるところで会議をする機会は少ないものです。
よくあるのは、例えばこんなシーンではないでしょうか。

 

長い机がロの字に組み合わせてあり、真ん中にスペースができている場合

この場合、ICレコーダーを手元に置いておくと、自分とその周辺の人の声ははっきり録音されても、

自分から遠い人の声が遠く、聞き取りにくくなってしまいます。ロの字に机を組んであるなら、真ん中のスペースに録音機材をセッティングするのがベストです。

 

【録音する人の手元に録音機材をセッティングした場合】

 set02.gif

 

真ん中に録音機材をセッティングした場合】

set01.gif

  

  

<1> <2>  次のページへ→

 

 ICレコーダーのセッティングについて、今回は、規模の大きい会場での会見や講演の録音方法を取り上げます。

 

 鳩山首相のブログ「鳩cafe」に、「記者会見のオープン化について」という記事が掲載されています。こういうホールでは、どのようにICレコーダーをセッティングしたらいいのでしょうか。
http://hatocafe.kantei.go.jp/2010/03/20100328.html
 ブログの写真を見ると、記者は自分の席で録音していることがわかります。いくつかICレコーダーが写っています。
 会場のセッティングを見てみましょう。鳩山首相の声はマイクを通しており、スピーカーは左右前方にあるようです。この会場なら人間の耳には音響上の問題はなく、どこに座ってもよく聞こえると思います。

 

 しかし、ICレコーダーは、「内蔵マイクに近い音をより強く拾う」のです。鳩山さんの声よりも、隣の席の記者がパソコンを打っている音を、ICレコーダーは強く拾ってしまうかもしれません。もしあとでテープ起こしをするなら、録音に最強な位置に座る必要があります。
※企業の新製品発表の記者会見などは、例えば雑誌が数ページにわたって記事を書く場合、テープ起こししたほうが確実です。雑誌からの依頼で記者会見や新製品発表セミナーを起こすことは、私もよくあります。

 

【広い会場で・マイクを通した声を・座席から録音する場合のセッティング】
・スピーカーにできるだけ近い席に座る。
・ICレコーダーのマイク指向性を「NARROW」などにして、マイクをスピーカーに向ける。

 

 これによって、スピーカーの方向から来る音をメインに拾い、隣の席のタイピング音などは小さくなるはずです。

 一方、主催者から依頼されて録音する場合は、音響機器からダイレクトに録音することができます。会場の雑音が入らずクリアに録音できます。
 鳩山会見のホールでは、後ろの上のほうに音響ルームがありそうですね。内閣府ホームページにアップするような正式な音声は、そちらで録音しているはずです。

 

【広い会場で・マイクを通した声を・ラインから録音する場合のセッティング】
・音響担当者に機材への接続を依頼する。

 

 ホールや大会議室へ録音に行ったら、会場の音響担当者を探します。
「主催者の依頼でテープ起こしを担当する者ですけど、ラインから音をいただけますか」
 こういう言い方で通じます。音響さんは、機器から出ているコードをICレコーダーにつないでくれるので、あとは録音ボタンを押すだけです。この場合も、予備の録音機材で自分の席から録音しておきます。

 

【広い会場で・マイクを通さない声を録音する場合のセッティング】
 そこそこ大きい会議室での講演などでも、マイクを使わないことがあります。この場合はとにかくレコーダーを話者に近づけること。
方法1・演台の上にICレコーダーを置かせてもらう
方法2・講師のジャケットのポケットにICレコーダーを入れてもらい、襟元にピンマイクをはさんでもらう

 

 最初は演台の前で立ってしゃべるが、途中でスクリーンの前へ移動し、スライドを示しながらしゃべる…などというケースでは、方法2が最強です。
 この場合、必ずピンマイクを使うこと。ピンマイクなしでポケット内から録音すると、「近いものを強く拾う」という特性のせいで、講師が身動きするたびポケットの衣ずれが「ザザザーッ!」と意外な大音響で入ってしまい、声が聞こえません。

※講師が女性の場合、ジャケットにはICレコーダーが入るほど大きなポケットがありません。オリンパスのDS-750などは、ベルトにはさむ金具が付いているので、これをスカートに装着してもらうとか。嫌がられそうですけど…。

15-8.jpg  

オリンパス Voice-Trek DS-750のカバー裏面。

録音当日の準備といえば、もちろん録音機材のセッティング。でも今回は、録音以外の準備について取り上げたい。目立たないが大事な仕事ばかりだ。録音し発言記録も取る担当の人を、ここでは「記録者」と呼ぶことにする。

 

【講演などの場合】
1)録音して記録を作成することに関して、事前に講演者の了解を取っておく

 

講演など話者が基本的に1名の場合、事前の準備は大がかりではない。これに対して、会議や座談会など話者が多い場合は作業が多いので、早めに会場入りしよう。

 

【会議や座談会などの場合】
1)出席者の各座席にネームプレートを置く
2)記録者席に座席表を置く
3)司会者に出席者への注意を依頼する
4)記録席に時計を置く

 

一つひとつ見ていこう。

 

1)出席者の各座席にネームプレートを置く

 自立するプラスチックタイプがあれば一番だが、なければコピー用紙を四つ折りして左右からクリップではさめば出来上がり。エアコンの風に直撃されると動いてしまうので、大きくて重いタイプのクリップを使うこと。

name1.jpg  name2.jpg

 縦型のネームプレートの方が場所を取らないが、エアコンの真下で実験したら、クリップ2個の重みがあっても倒れてしまった。縦型を使う場合はコピー用紙ではなく厚紙などで作ろう。

 name3.jpg

 会議や座談会では、声が大きく態度が積極的な人がたくさん発言してしまい、控えめな人がしゃべれなくなることがある。そんなとき、縦型のネームプレートを活用するという進行方法がある。
 ネームプレートを寝かせてセットしておき、「意見や質問のある人はプレートを立てて合図する」というルールで会議を進行させるのだ。自分の前のプレートを立てるだけだから控えめな人にとって楽な意思表示だし、座長にとっても指名しやすい。

 


2)記録者席に座席表を置く
出席者の席が決まったら、記録者は座席表を書いて自分の席に置く。
・同じ姓の出席者がいたら発言記録を取るときの表記を決めておく。「田中1」「田中2」など。
・漢字の正しい表記を確認しておく。いわぶちさんは「岩淵」か「岩渕」かなど。
・漢字の読み方を確認しておく。茂木さんは「もてぎ」か「もぎ」かなど。

 「参加者が特に多い」「会議室が広く遠い席のネームプレートが読めない」「一つひとつの発言が短く、名前で記録していたら間に合わない」などの場合は、座席表に番号を振って、その番号で記録する。

 zasekihyo.jpg 

 

3)司会者に出席者への注意を依頼する
 3-1 司会者が「××さん」と指名してから発言すること
 3-2 二人以上が同時に発言しないこと(3-1が守られれば不要な注意のはずだが…)
 3-3 途中で席を移動しないこと
 3-4 録音機材にさわらないこと

 

 以上4点を出席者に伝えてもらう。3-1と3-2は、文字起こし用の注意。誰の発言か分からなかったり、二人以上が同時にしゃべっていたりすると、起こしにくい。
 3-3は、座席表と実際の席が違うと発言記録を間違える危険があるため。
 3-4は、次のようなトラブルを防ぐため。
・「これに録音してるの?」と手に持った人が、うっかり機材を落としてしまう。
・知らずに録音停止ボタンに触っていて、それ以降が録音されない。
・ICレコーダーの向きが変わってしまい、ステレオ録音で右から聞こえていた人の声が途中で左から聞こえて、起こす際に混乱する。

 

4)記録者席に時計を置く
 会議では、開始時刻・終了時刻の記録は必須だ。録音中もときどき時計を見て、発言者メモに現在時刻を書いておくと、特定の発言を後で音声から探すときなどに便利。

今のところ、音声の自動文字化技術は万全ではない。音声を文書化するには人間の国語力とタイピング力が必要になる。

 

● 国語力:句読点、段落替え、同音異義語


録音されたしゃべり言葉は単なる音であって、句読点も段落替えも付いてない。どこに「、」を打つか、どこで段落替えするかは、小学校以来の国語力が物を言う。
同音異義語も、間違えると目立つ。どんな漢字を当てはめるかは、起こす人の知識次第。

次の文章には6カ所の漢字の間違いがある。見つけてみよう。こんな文章を発表したら、その組織全体の能力が疑われてしまう。

 

上々会社の責任は重いのです。内部統制に関する精度も加わり、従業員が不正を侵すリスクなど、さまざまなリスクに適格に対応しなければなりません。また、監査法人がいかに適性に鑑査をしているかも問われています。

 

「えっ、漢字の間違いなんて見つからない」という人は、起こしはちょっと無理かも。録音の方を担当しよう。たちどころに6カ所全部を指摘できた人は、チェッカーになれる。メンバーから上がってきたデータを校正して仕上げる係だ。その中間の人が起こしを担当しよう。

 

チェック!
みんなで漢検2級の問題集をやってみよう。漢字の使い分けをよく知っている人は?

 

● タイピング力:正確さと速さ


音声1時間を「えっと」「あのー」などのケバを取って文字化すると、通常1万6000~2万字にもなる(要約して起こすなど文書化のパターンはいくつかあるが)。
誤入力だらけでは誰も読まない。タイピングが遅いと本人が残業続きになってしまう。正確さと速さを両立できる人がテープ起こしに向いている。

 

チェック!
みんなで自社ホームページの「社長挨拶」を入力してみよう。誤字がなくしかも入力が速い人は?

 

国語力とタイピング力は、その組織における経験年数を問わない。新人や派遣社員などに素晴らしい適性を示す人がいるかもしれない。

1.ハードとソフトの準備

2.起こし担当者を決める(校正クイズ)

3.ICレコーダーを選ぶ際のポイント

4.当日の準備

5.録音機材のセッティング

6.録音中の作業

7.音声を起こす

8.起こしソフトの操作

9.文字化のルールを決めておく

10.起こす必要のない語(ケバ)

11.発言を整える(整文)

12.記録・記事としてまとめるには

自分で録音して起こすために、まずは必要なハードとソフトを準備しよう。

・ICレコーダー
・音声を起こすソフト
・ヘッドホン

とりあえず、以上3点があればOK。

 

● ICレコーダー

録音用。できるだけ2台用意する。

(ICレコーダーの選び方については、連載「ICレコーダーを骨までしゃぶる」をどうぞ)

 

● 音声を起こすソフト


<Windowsの場合>

 

・Voice Writing

basic_img_01.jpg

 

(フリー版と高機能の有料版がある。ボイススピリッツ社。XP・Vista・7に対応)
http://voicespirits.co.jp/

 

・Okoshiyasu2

basic_img_02.jpg

 

(フリーウエア 作者:Mojo氏 公式にはVista・7非対応だがほとんどの場合動作する)
http://www12.plala.or.jp/mojo/

 

<Macintoshの場合>

 

・Pardon?

(シェアウェア 作者:永野靖忠氏)
http://www.vector.co.jp/soft/mac/edu/se220059.html

 

 

【 起こし専用の音声ソフトを使うメリット 】

音声の再生にWindows Media Playerを使用してテープ起こしを行うことは、あまりおすすめできない。再生・停止を行うたびに、キーボードからマウスに持ち替えなえればならないからだ(一応ショートカットキーもあるが)。しかも、マウスでは「数秒巻き戻して聞き直す」ような微妙な操作がやりにくい。
これに対してテープ起こし専用の音声ソフトは、再生・停止をキーボードで行える。また、停止したとき自動的に数秒戻るよう設定できる。フットスイッチ(フットペダル)別売のものもあり、これを使って音声の再生・停止を行えば、手はタイピングに専念できる。

 

 

● ヘッドホン

iPod売り場などの安いものでもOK。
音声が聞き取れないとしたら、録音状態が悪いか、耳が聞き取りに慣れてないかのどちらかだ。
ヘッドホンのせいということはめったにない。ただし、100円ショップのヘッドホンはさすがにちょっと聞きにくいかも。

 

basic_img_03.jpg

basic_img_04.jpg

 

「社内報用のインタビュー起こしを押しつけられて…。残業しても終わらなかった」

「座談会を録音したけど、あとで聞くと誰がしゃべっているのかわからない」

「しゃべったとおりに文字化したのに、なんだか読みにくい」

 

やっぱり、起こしは外注するしかないの? 自分たちでは起こせないの?

そんな質問を受けることがあります。

もちろんご発注いただければ私はうれしいですが、大丈夫、あなたにも起こせます。録音機材や起こし用音声ソフト、ちょっとした録音テクや起こしテクを知ることで、劇的に音声起こしはラクになります。

 

ふだんの職場に生かすテープ起こし、学んでみませんか。

 

廿 里美