テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso | 上手な録音起こし方の基本

上手な録音起こし方の基本

ハードとソフトの準備

自分で録音して起こすために、まずは必要なハードとソフトを準備しよう。

・ICレコーダー
・音声を起こすソフト
・ヘッドホン

とりあえず、以上3点があればOK。

 

● ICレコーダー

録音用。できるだけ2台用意する。

(ICレコーダーの選び方については、連載「ICレコーダーを骨までしゃぶる」をどうぞ)

 

● 音声を起こすソフト


<Windowsの場合>

 

・Voice Writing

basic_img_01.jpg

 

(フリー版と高機能の有料版がある。ボイススピリッツ社。XP・Vista・7に対応)
http://voicespirits.co.jp/

 

・Okoshiyasu2

basic_img_02.jpg

 

(フリーウエア 作者:Mojo氏 公式にはVista・7非対応だがほとんどの場合動作する)
http://www12.plala.or.jp/mojo/

 

<Macintoshの場合>

 

・Pardon?

(シェアウェア 作者:永野靖忠氏)
http://www.vector.co.jp/soft/mac/edu/se220059.html

 

 

【 起こし専用の音声ソフトを使うメリット 】

音声の再生にWindows Media Playerを使用してテープ起こしを行うことは、あまりおすすめできない。再生・停止を行うたびに、キーボードからマウスに持ち替えなえればならないからだ(一応ショートカットキーもあるが)。しかも、マウスでは「数秒巻き戻して聞き直す」ような微妙な操作がやりにくい。
これに対してテープ起こし専用の音声ソフトは、再生・停止をキーボードで行える。また、停止したとき自動的に数秒戻るよう設定できる。フットスイッチ(フットペダル)別売のものもあり、これを使って音声の再生・停止を行えば、手はタイピングに専念できる。

 

 

● ヘッドホン

iPod売り場などの安いものでもOK。
音声が聞き取れないとしたら、録音状態が悪いか、耳が聞き取りに慣れてないかのどちらかだ。
ヘッドホンのせいということはめったにない。ただし、100円ショップのヘッドホンはさすがにちょっと聞きにくいかも。

 

basic_img_03.jpg

basic_img_04.jpg